KINTO

ひとり分をお手軽に KINTOのティーストレーナー LOOP

ティーストレーナLOOPアイキャッチ

KINTOのティーストレーナー LOOPを紹介します。

ティーストレーナーは、お茶を淹れるキッチングッズです。
(ストレーナーとは漉し器のことです)

このストレーナーは、ひとりで手軽にアフタヌーンティーを楽しみたいときにとても便利です。

紅茶は、本来なら2~3杯分をポットで淹れるほうが、おいしくできます。
ポットの中でゆっくりと茶葉をジャンピングさせることがセオリーのようです。

ただ、1杯分をサッと淹れたいときには、ポットをまで出すのはめんどうではないでしょうか。

そんなとき、KINTOのティーストレーナー LOOPが、役立ちます。

スライドさせてティースプーンに

このストレーナーは、本体とスライド式の蓋に分かれています。

ティーストレーナLOOPスライド前

その蓋をスライドさせるとティースプーンの代わりになります。

ティーストレーナLOOPスライド後
ティーキャニスターからストレーナーで直接、茶葉をすくってカップへ入れる。
これで紅茶を淹れることができれば、便利だと思いませんか。

ポットで淹れるときは、専用のティーメジャースプーンで茶葉の量を量ります。
そのティーメジャースプーンは、1杯が2gや3gのものが多いようです。

普通の小さじですと大体2g程度なので、あえてティーメジャースプーンを使わなくてもいいとは思いますが、
本格的に紅茶を楽しみたい場合は、ティーメジャースプーンを使うと「紅茶を淹れている感」が出て、いっそう楽しめると思います。

ちなみにティースプーンにメジャーという言葉をつけたのは、日本のティースプーンは量る目的ではないからです。
アメリカでは、ティースプーンというと計量スプーンの小さじのことも指し、tspと表記します。
詳細は、「はかるについて」の記事をご参照ください。

話を戻しますが、紅茶の基本的な分量は、茶葉4~5gに対して、お湯の量は300cc程度ですので、
1杯分ですとその半分か、少し多めになると思います。

分量は、茶葉や種類や好みによりますが、私は、茶葉2.5g、お湯180ccくらいで淹れています。

最初は、「はかり」で量りながらすくっていましたが、今は、見た目で大体分量がつかめてきたのですくうだけです。

下の写真が、約2.5gの茶葉の量です。

ティーストレーナLOOP 茶葉25g蓋あり

ティーストレーナLOOP 茶葉25g平らに

平らにならすとちょうどステンレス部分が隠れるくらいです。

欲張ってあまり多く淹れすぎると、詰まってしまいうまく抽出できません。
2.5g以上入れると多いと思います。1杯分ですので、2.5gで十分です。

しっかりジャンピングできる形状

前にも書きましたが、紅茶をおいしく淹れるには、茶葉をジャンピングさせないといけません。

ストレーナーよりも手軽なティーパックは、ここが難点です。
三角錐のものなどいろいろ工夫はしていると思いますが。

その点、このストレーナーは、茶葉が対流できる部分が大きいので、ジャンピングがしやすくなっています
ただ、そのためには、穴の開いたステンレス部分が、なるべく多くお湯に浸かっている必要があります。

そうなると一般的なティーカップよりも、縦長のカップのほうが適しています。

ティーカップは、口が広く浅いものが一般的ですが、それには理由があるようです。
香りをたちやすくすること、輪切りのレモンを入れるときがあること、
紅茶は熱湯で淹れるので、温度を冷めやすくするため、などです。

ただ、このストレーナーには、コーヒーカップのような形状のほうがいいです。

また、この商品の名前の由来にもなっているのでしょう、
上部のループ状の部分を持って揺らせば、ジャンピングの手助けになります。

この部分は、樹脂製なので熱くなりません。

ちょっと心配なことも

使い始めて1ヶ月ほどしかたたないうちに、本体とループ状の継ぎ目部分に小さな亀裂ができていました。

ティーストレーナLOOP 亀裂

写真だと分かりづらいと思いますが、亀裂といっても本当に小さなものです。
さらに1ヶ月経ち、ほぼ毎日のように使っていましたが、変化はありませんでした。

紅茶をサッと飲みたいときに重宝していますので、いつ壊れるか心配です。
ただ、今のところ大丈夫ですし、そんなに簡単に壊れるようには見えません。

あと、このストレーナーはホワイトとブラックがありますが、私はホワイトを使っています。
プラスティック製なので当然ですが、紅茶の茶渋で少し色が黒ずんできてしまっています。
黒ずみが気になる方は、ブラックをおすすめします。

書斎やデスク、リビングで

ティーパックで紅茶を淹れた際、その置き場所に困ったことってありませんか。

紅茶の蒸らし時間は茶葉に応じて2分~5分です。
待っている間にリビングに持って行って、ちょっとテレビを見ていると時間がきてしまう。

そんなときはたいてい、入っていた袋の上に置きます。
でも、早く捨てないと裏まで染みて来てしまいます。

そんな不便さがないのが、このストレーナーです。
スタンドがセットになっているから、蒸らし終わったらスタンドに立てておけばいいです。

自宅のキッチンや職場の給湯室でお湯を入れたあと、書斎やデスクに持って行っても困りません。
コンパクトで、場所もとりません。
ちなみに、スタンドのサイズは、幅5.2cm奥行き3.2cmです。本体を置いたときの高さは13.2cmです。

蓋をはずせば、お手入れ簡単

洗うときは、蓋をはずせば楽にできます。

少しスライドさせて、反対側から押せば簡単に取り外せます。

まとめ

・ひとりで手軽にアフタヌーンティーを楽しみたいときにとても便利です。

・蓋をスライドさせるとティースプーンの代わりになります。

・ストレーナーでティーキャニスターから直接、茶葉をすくってカップへ入れる、これで紅茶を淹れられます。

・茶葉は、平らにならすと丁度ステンレス部分が隠れるくらいで1杯分です。

・ジャンピングがしやすくするためには、縦長のカップのほうが適しています。

・蒸らし終わったらスタンドに立てておけばいいので、書斎やデスクに持って行っても困りません。

・蓋をはずせば、お手入れも簡単です。

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。
わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。
それでは、「ひとり分をお手軽に KINTOのティーストレーナー LOOP」のレビューでした。

 

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

  ↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

調理器具・グッズ ブログランキングへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 画期的、上から見るだけ OXO(オクソー)のアングルドメジャーカップ オクソー アングルドメジャーカップ アイキャッチ
  2. 自然素材の乾燥剤 soilのDRYING BLOCK(ドライング ブロック) soil ドライング ブロック アイキャッチ
  3. 美しさには理由があった、柳宗理のレードル 柳宗理 レードル アイキャッチ
  4. 「はかる」について 天秤
  5. 柳宗理について 柳宗理ブランドマーク
  6. 無駄をそぎ落とした機能美 柳宗理のボウル・ストレーナー 柳宗理 ボウルとストレーナー アイキャッチ2
  7. 持ちやすく、注ぎやすい柳宗理のケトル 柳宗理 ケトル アイキャッチ
  8. WECK(ウェック)について WECK アイキャッチ
  9. 一流料亭も認めた 中村銅器の玉子焼器
  10. 一本で十分、ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーン ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーン アイキャッチ

カテゴリー

おすすめ記事

柳宗理 片手鍋 アイキャッチ 回転させて防止する 柳宗理のステンレス片手鍋

柳宗理のステンレス片手鍋を紹介します。この鍋の最大の特徴は、蓋を回転させることにより、鍋と蓋との…

OXOについてアイキャッチ画像 OXO(オクソー)について

OXO(オクソー)は、より多くの人に使いやすい製品(ユニバーサルデザイン)を つくることを企業…

保存について~八つの痛みの原因~ アイキャッチ 保存について~八つの痛みの原因~

食品の保存は、とりあえず冷蔵庫に入れること、と思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、食…

ツヴィリング キッチンはさみ アイキャッチ ZWILLING J.A. HENCKELS(ツヴィリングJ.A.ヘンケルス )について

ZWILLING J.A. HENCKELS(ツヴィリングJ.A.ヘンケルス)は、1731年、刃物職…

OXO ポップコンテナ アイキャッチ 片手で簡単ワンタッチ操作 OXO(オクソー)のポップコンテナ

OXO(オクソー)のポップコンテナ(保存容器)を紹介します。このコンテナは、乾燥食品(ドライフー…

PAGE TOP