卵焼きレシピ

卵焼きはじめてガイド

卵焼きはじめてガイド アイキャッチ
スポンサーリンク
Pocket

 

卵焼きは、お弁当に入っていてうれしいおかずランキングで、常に上位にランクインされている定番のおかずです。

一流料亭も認めた 中村銅器の玉子焼器」の記事でも書きましたので、ご参照ください。

そんな人気の玉子焼なだけあって、ネットで調べるとアレンジレシピがたくさん出てきます。
そのレシピを「つくれぽ」していこうと思います。

目標100回。
毎週日曜日の18:00に投稿していきます。

今回は、基本の卵焼きをつくります。
普段入れない砂糖を入れたので、かなり甘く感じました。

それと、ただのつくレポでは面白くないので、「たまご」に関するコラムもいっしょに投稿していこうと思います。

「卵」と「玉子」どちらが正しい?

まず第一弾は、基本的なところから。

たまごを漢字で書いたとき、「卵」と「玉子」どちらが正しいのでしょうか?

いろいろ調べた結果、結論から言うと
卵・・・生物学的な意味合いが強い。
玉子・・・調理された卵という意味合いが強い。

生物学的な意味合いが強い『卵』

生物の卵で、生まれたままの殻の付いた状態のもの。
かえると子になる。

また、未発達、未成熟な段階にあるものも指します。
「医者の卵」というような使い方をします。

調理された卵という意味合いが強い『玉子』

こちらの玉子は、少し意見が分かれるようです。
ただ、「卵」という大きなくくりの中の一部が「玉子」ということには変わりありません。

いろいろな意見をまとめると下の4つに分かれるようです。
そのどこかの段階から「玉子」と表記することになります。

1.鳥類のたまご
2.鶏(ニワトリ)のたまご(うずらは「卵」を使います。)
3.食材(生の状態)としてのたまご
4.調理された状態のたまご

と1→4に行くにしたがい範囲が狭くなりますが、4から「玉子」ということが多いようです。
要するに、ニワトリの「卵」を使った料理をつくる際、材料の段階では「卵」
調理されたら「玉子」となる。

食材として食べることを前提としている段階で「玉子」としている意見もありましたが、実際に「クックパッド」「クラシル」「DELISH KITCHEN」などのサイトやアプリのレシピを調べてみたら、料理名が「玉子焼き」で、材料の欄には「卵」となっているものが多かったです。

そうなると「卵」がいつの段階で「玉子」になるのか悩みますよね。

卵

材料のときは「卵」でOK。
溶くときも「卵」でOK。
熱したフライパンに入れたらやっぱりまだ「卵」でしょうか?
半熟になってきたら・・・いや、まだまだ「卵」でしょう。
ということは、料理が完成した晴れて「玉子」となれるということでしょう。

玉子

はっきり言ってめんどくさい。
なんか、どうだっていいように思えてきます。

いままで、何度も「tamago」と打って、「卵」や「玉子」に変換してきましたが、いちいち今はどっちのタマゴダッケ?ってなってしまいます。

ましてやこれから100のタマゴ焼きレシピを投稿していこうとしている身。
どちらかに統一したい。

ということで、「たまご」の表記はすべて「卵」に統一していきたいと思います。
実際、料理名も材料も「卵」で統一されているレシピもかなりありました。

基本の卵焼きレシピ

第1回目なので、まずは、基本の卵焼きから。

ただ、味付けには、個人的な好みや地域性などもあるので、何を基本とするかは難しいところです。
ですので、今回は、卵以外の具材が入っていない卵焼きを基本としてつくっていきます。

今回のレシピは、レシピアプリ「レシぽん」からの拝借しています。
スマホの方は、チェックしてみてください。

なお、レシピでは、2本分ですが、今回は、1本分(半分の量)でつくっています。

毎日つかえるプロの料理レシピまとめ - レシぽん

毎日つかえるプロの料理レシピまとめ – レシぽん
無料
posted with アプリーチ
 
 
 
 
 
 

卵:4個(今回は2個)
だし汁:大さじ2(今回は大さじ1)
砂糖:大さじ2(今回は大さじ1)
塩:少々
サラダ油:適量
(卵焼きの付け合せ)
大根おろし:80g
醤油:適量
はじかみ生姜:4本

作り方

1.ボウルに卵を割り入れて、よく溶きほぐし、だし汁、砂糖、塩を入れてさらによく混ぜます。

2.玉子焼器を十分に熱して、サラダ油をなじませて、1.を少量ずつ入れ、焼いていきます。

3.焼きあがれば、巻きすで巻いて形を整えます。(今回は巻きませんでした)
 しばらくおいてから食べやすい大きさに切ります。
 ダイコンおろし、はじかみ生姜を添えます。お好みでしょうゆをかけます。

(付け合せのダイコンおろし、しょうゆ、はじかみ生姜は省略)

基本の卵焼き

感想

卵焼きは、地域によって味付けが違います。
(卵焼きに限らず、料理全般に言えることですが)

関東風の卵焼きは、砂糖と醤油で甘口に仕上げる。
関西風の卵焼きは、出汁を利かせてしょっぱめの味付け、が一般的ではないでしょうか。

今回のレシピは、出汁と塩と砂糖で関東と関西を合わせてようなレシピです。

私は普段、卵焼きに砂糖は入れないのでかなり甘く感じました。
関西風の卵焼きに慣れている方は、卵2個に砂糖大さじ1は多すぎると思います。

それにしっかり混ぜないと砂糖が下にたまってしまいます。
私の住んでいる地域では、このことを「とごる」といいます。
中部・近畿地方の方、「とごる」は方言ですのでお気を付けください。

あと、だし汁ってどうしていますか?

出汁(だし)は、本来昆布やかつおで取るものですが、さすがに大さじ1分だけの出汁はとらないでしょう。
レシピには、だし汁とありますので、液状のだしの素を使えばいいと思います。
ただ、うちには顆粒のだしの素しかなかったので、大さじ1の水と顆粒だし二つまみほど入れました。

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。
それでは、また来週。

 

 

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

  ↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

調理器具・グッズ ブログランキングへ

Pocket

スポンサーリンク

SUGI

投稿者の記事一覧

美大卒の元家具設計者が、デザイン性に優れた、おしゃれなキッチングッズを紹介しています。実際使ってみた感想もレビューします。

関連記事

  1. とろろこんぶの卵焼きレシピ アイキャッチ1 卵焼きは、カステラのおかげ
  2. 第1回たまには卵焼きのことを真剣に考えよう会議. 第1回たまには卵焼きについて真剣に考えてみよう会議
  3. ノスタルジックな卵焼きアイキャッチ ノスタルジックな卵焼き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 卵焼きは、カステラのおかげ とろろこんぶの卵焼きレシピ アイキャッチ1
  2. 一本で十分、ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーン ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーン アイキャッチ
  3. 安心のつかみやすさ、柳宗理のトング
  4. 第1回たまには卵焼きについて真剣に考えてみよう会議 第1回たまには卵焼きのことを真剣に考えよう会議.
  5. 気づいたら泡立っている OXO(オクソー)のウィスク(小) OXOウィスク(小) アイキャッチ
  6. 90年かけて生まれた、23種類のWECK(ウェック)について WECK アイキャッチ
  7. 回転する三つのブレード ジョゼフジョゼフのロータリーピーラー ジョゼフジョゼフ ロータリーピーラー アイキャッチ画像
  8. 卵焼きはじめてガイド 卵焼きはじめてガイド アイキャッチ
  9. 無駄をそぎ落とした機能美 柳宗理のボウル・ストレーナー 柳宗理 ボウルとストレーナー アイキャッチ2
  10. はじめてのレードル レードルアイキャッチ注ぐ
スポンサーリンク

カテゴリー

おすすめ記事

柳宗理 ボウルとストレーナー アイキャッチ2 無駄をそぎ落とした機能美 柳宗理のボウル・ストレーナー

柳宗理のボウルとストレーナーを紹介します。ボウルやストレーナーは、毎日のように使…

安心のつかみやすさ、柳宗理のトング

柳宗理のトングを紹介します。トングは、食材をつかむキッチングッズです。 トングについての説明…

レードルアイキャッチ注ぐ はじめてのレードル

レードルはおたまと、ほぼ同じものをさし、主に柄の先に半球状のものがついたキッチングッズです。また…

卵焼きはじめてガイド アイキャッチ 卵焼きはじめてガイド

卵焼きは、お弁当に入っていてうれしいおかずランキングで、常に上位にランクインされてい…

ジョゼフジョゼフ インデックス付まな板100 アイキャッチ 食材ごとに使い分けれる ジョゼフジョゼフのインデックス付まな板100

ジョゼフジョゼフのインデックス付まな板100を紹介します。突然ですが、魚と野菜を同じまな板でカッ…

PAGE TOP