OXO

画期的、上から見るだけ OXO(オクソー)のアングルドメジャーカップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オクソー アングルドメジャーカップ アイキャッチ
スポンサーリンク

OXO(オクソー)のアングルドメジャーカップを紹介します。

このメジャーカップの最大の特徴は、上から見ても内容量が分かるところです。
いちいち、しゃがむ煩わしさがありません。

また、ハンドルがしっかりとしていて、滑りにくい素材のため、レンジで温めて熱くなったものが入っていても安心して持ち上げることができます。

それでは、オクソーのアングルドメジャーカップをレビューしていきます。

しっかりしたハンドル

オクソーといえば、やはりしっかりとした持ちやすいハンドルです。

オクソー アングルドメジャーカップ グリップ

太めで、上部が少し細くなっている形状のため、
持ったときに、人差し指から小指までがハンドルにしっかりなじみます。
さらに、ハンドルの上端のくぼみに親指を乗せると手のひら全体にフィットします。

オクソー アングルドメジャーカップ グリップを持つ

メジャーカップで、ここまでしっかりしたハンドルのものは、ほかにないと思います。

メジャーカップは、熱いものを入れることもあると思います。
そんなとき、ハンドルがしっかりしていると安心します。

さらに、このメジャーカップは、電子レンジが使えます。
電子レンジで沸騰するほど温めても、ハンドルに熱が伝わりにくく、持ってもあまり熱くありません。
(ただし、油分や糖分を含むものには、電子レンジは使えません。)

ただ、しっかりし過ぎていて、場所をとるのは確かです。
洗ったあとやしまうとき、かさばります。

あとは、握りやすいハンドルとコンパクトさのどちらを取るかということになってきます。

不安定に見えますが、意外と・・・

このメジャーカップは、本体の容量に対して、底の面積が狭くなっています。
そのことは、不安定に思われがちですが、上記にようなしっかりとしたハンドルが安心感を与えてくれます。

しかし、文字通り安心した感じになるだけで、実際に、転倒防止に役立っているわけではありません。

ハンドルは、底面から浮いていますし、どちらかというと横方向の力に弱いはずです。

そこで、横から勢い良く(多少こぼれる程度に)水を入れてみました。
(「小」250mlタイプで行いました。)
すると意外に、全然倒れそうにもなりませんでした。

画期的、上から見るだけ

メジャーカップは、透明な素材が多いです。
それは、中に入っているものが外から見やすいからです。
当然といえば、当然です。

そして、正確に量るには、水平の状態で、真横から見る必要があります。
そのためには、カップを視線まで持ち上げるか、自分がしゃがむなどする必要があります。
やはり、持ち上げると水平を保ちづらいので、私は、しゃがんでました。

このメジャーカップならそんな煩わしさもありません。
上から覗けば、量ることができます。

本体内部には、馬蹄形の目盛りが斜めに設けられています。
その目盛りを読むことで、内容量が分かります。

その画期的なアイデアにより、独特な形状でありながら非常に使いやすいです。

世界各国のデザイン賞を160以上受賞しているようですが、そのこともうなずけます。

目盛りの読み方にコツが・・・

このメジャーカップの最大の特徴である、上から見て量れる機能ですが、慣れるのにコツがいります。

水面張力により少し多く入っているように見えてしまいます。
例えば200mlのラインちょうど入れたつもりが190mlしかなかったりします。

下は、200mlのパック牛乳をすべて計量カップに入れたときの写真です。
横から見た場合、水面張力にて200mlのラインより多く入っているように見えます。
(500ml入るタイプにて検証)

オクソー アングルドメジャーカップ 牛乳で検証横

オクソー アングルドメジャーカップ 牛乳で検証上

一方、上から見たときは、200の文字がほとんど隠れています。

あとで、電子ばかりを使って水で試してみたら、
200の文字が半分隠れるくらいで200g(200ml)になります。

ただ、300ml、400ml、500mlと量が増えるにつれて、ラインとの差が少なくなっていきます。

500mlでは、ほぼ500mlのライン上まで入れて500gでした。

それでもメジャーカップに数mlの精度を求めていないので、上記のことを覚えておけば、私としては問題ありません。

正確に量りたいときは、電子ばかりを使います。

4つのラインナップ

オクソーのアングルドメジャーカップは、「大」、「中」、「小」、「ミニ」の4タイプがあります。
それぞれ1000ml、500ml、250ml、60mlが最大容量です。

私は、「中」と「小」と「ミニ」を使っています。
最初、「小」を使っていて、「中」と「ミニ」を買い足しました。
「大」は容量が1000mlもあるため、私には大きいと思い、買いませんでした。

「小」は、一般的で使い勝手がいい大きさですが、「中」を買ったのでこれからは、あまり使わないかもしれません。

「小」は、250mlまで量れるのが嬉しいですが、180mlも量れるようにしてほしかったです。
ごはんを炊くときには、必要です。

すべてのタイプにいえることですが、目盛りをもう少し細かくしてあると便利だと思います。

今までカレーをつくるときなど、鍋に規定量の水を入れるとき、250mlの「小」で何度も入れていました。
そこで、「中」を購入して試しましたが、半分の回数で済むので楽です。
グリップがしっかりしているので、500ml入れても重さを感じません。

「ミニ」は、大さじ代わりに使おうと購入しました。
レシピでの調味料の分量はたいてい大さじ何杯となっています。

オクソー アングルドメジャーカップ ミニ正面

「ml」のとなりの「tbsp」が大さじのことです。
アメリカでは、大さじのことをテーブルスプーンといい「tbsp」か「tsp」と表記します。
(詳細はキッチンで使う3つの「はかる」 と 一本で十分、ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーン をご参照ください。)
「ミニ」では、大さじ4杯まではいっきに量れます。
そのため、大さじ2とか大さじ3がいっきに量れて、手間が省けます。

また、2~3人分程度の料理を作る際には、ボールなどに調味料を移し変えておかなくても、あわせ調味料入れとしても使えます。

「ミニ」には、ハンドルがありませんが、縁が外側にカーブしていて、指にかかり持ちやすくしています。

 

まとめ

・ハンドルが太めで、上部が少し細くなっている形状のため、持ったときに、人差し指から小指までがハンドルにしっかりなじみます。
 さらに、ハンドルの上端のくぼみに親指を乗せると手のひら全体にフィットします。

・ハンドルがしっかりして、滑りにくい素材のため、電子レンジで温めて熱くなったものが入っていても安心して持ち上げられます。
 (油分や糖分を含むものには、電子レンジは使えません。)

・ハンドルが、しっかりし過ぎていて、洗ったあとやしまうとき、かさばります。

・上から見るだけで内容量が分かるので、しゃがむ煩わしさがありません。

・水面張力により少し多く入っているように見えてしまいまので、正確に量りたいときは、電子ばかりを使ったほうがいいです。

・「大」1000ml、「中」500ml、「小」250ml、「ミニ」60mlの4タイプがあります。

・「ミニ」は、大さじ表記があるため、あわせ調味料入れとしても使えます。

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。
わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。
それでは、「画期的、上から見るだけ OXO(オクソー)のアングルドメジャーカップ」のレビューでした。

 

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

調理器具・グッズ ブログランキングへ

Pocket

スポンサーリンク

SUGI

投稿者の記事一覧

美大卒の元家具設計者が、デザイン性に優れた、おしゃれなキッチングッズを紹介しています。実際使ってみた感想もレビューします。

関連記事

  1. OXO 縦型ピーラー 包丁の様に持って皮むき OXOの原点 縦型ピーラー
  2. OXOについてアイキャッチ画像 OXO(オクソー)というライフハック
  3. OXO ポップコンテナ アイキャッチ 片手で簡単ワンタッチ操作 OXO(オクソー)のポップコンテナ
  4. OXOウィスク(小) アイキャッチ 気づいたら泡立っている OXO(オクソー)のウィスク(小)
  5. ポテトだけじゃない!OXO(オクソー)のポテトマッシャー
  6. OXOダイコングレーター アイキャッチ画像 ミリ単位まで計算された OXO(オクソー)のダイコングレーター
  7. OXOオムレツターナー アイキャッチ オムレツが得意料理に OXO(オクソー)のオムレツターナー
  8. 天秤イラスト キッチンで使う3つの「はかる」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 食材ごとに使い分けれる ジョゼフジョゼフのインデックス付まな板100 ジョゼフジョゼフ インデックス付まな板100 アイキャッチ
  2. 早く沸いて、持ちやすく、注ぎやすい柳宗理のケトル 柳宗理 ケトル アイキャッチ
  3. こんなにあった!鍋の種類25 鍋について
  4. 安心のつかみやすさ、柳宗理のトング
  5. 臭いを気にしなくていい、ジョゼフジョゼフのガーリッククラッシャー ジョゼフジョゼフ ガーリッククラッシャー アイキャッチ
  6. テーブルを汚さない Olde Thompson(オールドトンプソン)のペパーミル ールドトンプソン ペパーミル アイキャッチ
  7. OXO(オクソー)というライフハック OXOについてアイキャッチ画像
  8. 90年かけて生まれた、23種類のWECK(ウェック)について WECK アイキャッチ
  9. 画期的、上から見るだけ OXO(オクソー)のアングルドメジャーカップ オクソー アングルドメジャーカップ アイキャッチ
  10. 美しさには理由があった、柳宗理のレードル 柳宗理 レードル アイキャッチ
スポンサーリンク

カテゴリー

おすすめ記事

ジョゼフジョゼフ ロゴ ジョゼフジョゼフを理解するための3つのこと+α

ジョゼフジョゼフ(Joseph Joseph)は、ロンドンを拠点とした、キッチン、テーブルウェアブラ…

一流料亭も認めた 中村銅器の玉子焼器

玉子焼は、簡単に作れそうで意外と難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。…

鍋について こんなにあった!鍋の種類25

鍋は、食材に火を通すためのキッチングッズです。煮る、茹でる、炊く、蒸す、炒める、焼く、炒るなど、…

OXOについてアイキャッチ画像 OXO(オクソー)というライフハック

OXO(オクソー)は、より多くの人に使いやすい製品(ユニバーサルデザイン)をつくることを企業理念とし…

ジョゼフジョゼフ ロータリーピーラー アイキャッチ画像 回転する三つのブレード ジョゼフジョゼフのロータリーピーラー

ジョゼフジョゼフのロータリーピーラーを紹介します。ピーラーは、どの家庭にもたいて…

PAGE TOP