はさみ

刃の先端まで良く切れる ZWILLING(ツヴィリング)のツインセレクト料理バサミ

スポンサーリンク
Pocket

 

あなたは、料理の際に料理バサミを使っていますか?

欧米では、野菜などはピーラーやナイフで皮をむいてザックリ切り、肉や魚は、そのまま鍋に入れることも多いそうです。
出来上がったら、鍋の中で料理バサミで切ったり、個々のナイフでカットして食べるという習慣があります。

そのため、料理をつくるときに、まな板を使わないこともよくあるようです。

私は、(日本の多くの家庭でもそうであるのではないか思うのですが)料理を始めるときは、まずまな板と包丁を出し、料理バサミの出番は少なかったです。

でも、料理バサミも慣れれば便利なもので、最近は良く使います。

今回、ZWILLING(ツヴィリング)のツインセレクト料理バサミを使ってみたので、レビューしていきます。

300年の伝統ある会社

ツヴィリングは、1731年に刃物職人のヨハン・ペーター・ヘンケルスによって、ドイツ中西部の街ゾーリンゲンで生まれ、創業以来、人間工学に基づいた高いデザイン性と品質で数々の賞を得てきました。

ゾーリンゲンは中世から刃物産業が盛んな地域で、現在でも1000以上の刃物会社がある街です。その中において世界的に最も有名になったのがツヴィリングです。

現在は、ツヴィリングJ.A.ヘンケルスと社名を変え、ツヴィリングはそのなかの一つのブランドです。
ツヴィリングは、最高の品質と機能を備えたものづくりをしており、お求めやすくカジュアルなヘンケルスブランドの上位ブランドという位置づけです。

詳細は、「ZWILLING J.A. HENCKELS(ツヴィリングJ.A.ヘンケルス )について」をご参照ください。

切れ味を支える技術

フリオデュア

フリオデュアとは、独自の焼き入れ処理を施した鋼材を低温(-70℃)で焼き入れ硬化処理し、素材組織を安定させて特性をひきだす工程で、刃物の硬度、耐腐蝕、切れ味の持続を向上させてます

マイクロセレーション加工

両方の刃に細かいセレーション(波刃)をつけ、すべりやすい食材をしっかりつかみ、カットします。
そのセレーション(波刃)はとても細かく、見た目には気づきませんが、刃を爪でなぞるとわずかに凹凸を感じ取れます。

切るところだけが接する

ツヴィリングのツインセレクト料理バサミは、閉じた状態では、刃どうしに隙間があり先端だけが接しています。

ツヴィリング ツインセレクト料理バサミ 刃どうしの隙間横①
開いていくと刃のエッジどうしが重なり合った部分だけ刃が接して、根元へ移動していきます。

ツヴィリング ツインセレクト料理バサミ 刃どうしの隙間①

ツヴィリング ツインセレクト料理バサミ 刃どうしの隙間②ツヴィリング ツインセレクト料理バサミ 刃どうしの隙間②

ツヴィリング ツインセレクト料理バサミ 刃どうしの隙間③

逆に閉じる際は、二枚の刃が重なり、接する部分が先端に移動していきます。
その重なった部分でカットできていくわけですが、このことで、力が一点に集中して切れ味を良くしているのだと思います。

ちなみに一般的なはさみは、二枚の刃どうしが常に接している状態にあります。
(コクヨのエアフィットサクサという商品は、グルーレス刃という接着剤がつきにくい刃の形状にすることで、この料理バサミに近い効果があるようです)

左手でも楽に切れる

上記のようにこの料理バサミは、開閉時に刃どうしが接する方向に力が加わるように調整しているようです。
このことは、右利き用のこの料理バサミを左手で普通に切ってもうまく切れることにつながります。
実際、左手でもきれいに切れました。

一般的な右利き用のハサミを左手で普通に使うと、刃どうしが接せず離れてしまい、うまく切れないことが多いです。
左手でも力の入れ方を工夫すれば何とか切れますが、コツが必要で難しいです。

私は、左利きですが、小学生のときに箸と鉛筆を右に矯正させられました。
ただ、ハサミだけは、自分で右利き用のハサミを使わざるを得ませんでした。
家にも学校にも右利き用のハサミしかなかったからです。

それもそのはず、左利きの人はどの民族も10%前後しかいないそうです。
今はわかりませんが、昔は10人に1人の左利きのために左利き用のハサミを用意してくれなかったようです。

私は今でこそ、右利き用のハサミを左右どちらでも使えますが、(左手で使用する際は力の入れ方に工夫がいるので少し変な持ち方になります)
世の中のものの多くが基本的に右利き用につくられているなか、左右どちらでも使えるものを見ると嬉しく思います。

大き目のハンドル形状

ツヴィリングの料理バサミといえば、1938年に発売されて以来、今も売れ続けている、驚異的なロングセラーとなったクラシック 料理バサミがあります。

ただ、今回クラシック 料理バサミではなく、ツインセレクト料理バサミを選んだのは、ハンドル形状からです。

クラシックよりも一回り大きく断面も丸みを帯びているハンドルは、持ったとき手になじみます。

ハンドルの輪のなかに指が3本余裕を持って入ります。
その3本の指ですが、ハサミを持つとき、私はいままで人差し指、中指、薬指を入れて小指を出していました。
今回ハサミの正しい持ち方を調べてみましたら、中指、薬指、小指を入れて、人差し指は、ハンドルの根元付近に添えるのが正しいようです。

持ち方は、人それぞれ違うとは思いますが、人差し指を出したほうか安定して良いように思えてきました。

ボトルオープナー、ネジ蓋オープナー

この料理バサミには、ボトルオープナーとネジ蓋オープナーが付いています。

多くの料理バサミでこれらの機能が付いているものがありますが、私には特に必要ありません。

ボトルオープナーを使わないといけないような蓋の瓶は、今はほとんどありませんし、ネジ蓋も手では開けられないようなきついものは、今までなかったからです。

ちなみに、ボトルオープナーとしては、ほとんど機能を果たしません。
一度、試してみましたら蓋に引っ掛からず、蓋をあけることができませんでした。

余計な機能をつけずにハサミの機能に集中させれば、もっとシンプルな形状になったのではないでしょうか。

重厚感のある重さとハサミ心地や仕上げ

この料理バサミは、オールステンレス(特殊ハイカーボンステンレス鋼)です。
そのため、料理バサミにしては、少し重量があります。

多くの料理バサミは100g程度ですが、この料理バサミは176gあります。
ツヴィリングのクラシック 料理バサミでも155gです。
ですので、初めて持ったときは、重さを感じました。

ただ、包丁(牛刀程度の大きさ)の重さと同じくらいであるため、気になるほどではありません。

また、開閉も少し重さ、きつさを感じます。
この重さは、最初と最後が軽くて、中央がきつくなっています。

閉じた状態から開くときの最初の動きと開いた状態から閉じるときの最初の動きのときは、少し柔らかく楽にできます。

中央部分は、きつめで、あえてそうすることで切れ味を良くしているのではないでしょうか。

ただ、最初の動き出しのところを軽くすることで、スムーズな開閉を促していると思います。

さらに仕上げが、サテンフィニッシュ(つや消し仕上げ)となっており、傷がつきにくいだけでなく、上品な美しさを醸し出しています。

用途

キッチンでのハサミの用途は、使用後の牛乳パックを開いたり、袋を開けたりと食材以外に使うことの方が多いという方もいるのではないでしょうか。

ただ、慣れてくれば、多くの食材に使うことができて、より便利になることがわかってくると思います。

ねぎや大葉を刻むのに

薬味としてのねぎを切るときは、包丁で切ればいいのですが、料理バサミの方が手軽にできます。

例えば、味噌汁などをよそったお椀の上でハサミを使ってカットしていけば、まな板も薬味皿の要りません。

ツヴィリング ツインセレクト料理バサミ ねぎの輪切り

左手でねぎを送りながら切っていきますが、ハサミの切れ味が鋭いので手を切らないように気を付けないといけません。
ただ、慣れも必要ですし、薬味程度の少量ならいいですが、多量に切る場合は、包丁のほうが早いです。

唐辛子の輪切り

パスタや漬物に唐辛子の輪切りを入れるときは、ハサミを使ったほうが手楽にできます。

ちなみに、漬物に唐辛子を入れると防腐効果があるため、長持ちします。

干ししいたけ、乾燥昆布、のりを切る

乾物は、やっぱりハサミでないとうまく切れません。

ハムやベーコン

ハムは、ポテトサラダをつくるとき、ボウルの上でカットしながら入れていきます。

ベーコンも炒め物に入れるときにフライパンの上でカットしながら入れていきます。

ツヴィリング ツインセレクト料理バサミ ベーコンをカット

少人数分つくるのなら、まな板を出す手間が省けますし、残ったベーコンは、そのまま冷蔵庫に戻せます。

ブロッコリー

ブロッコリーの株を小房に切り分けるときは、ハサミのほうが便利です。
この料理バサミは、刃の先端まで切れ味が変わらずいいので、刃先でもサクサク切れます。

キムチ

以前、カットしていないキムチを買ってきて包丁で切ったことがありますが、まな板に臭いが付いてなかなか取れませんでした。

そんなキムチもハサミを使えば、まな板を汚しません。

魚をさばく

私はやったことがありませんが、アジ程度ならさばけるようです。
機会があれば今度やってみたいと思います。

このように料理バサミは、さまざまな使用用途があります。

慣れてしまえば、包丁よりも便利な使い方も多くあります。

さらに、この料理バサミは切れ味が抜群ですので、ストレスなく使うことができます。

まとめ

・ツヴィリングは、300年の伝統がある会社で、創業以来、人間工学に基づいた高いデザイン性と品質で数々の賞を得てきました。

・ツヴィリングは、1000以上の刃物会社がある街の中で世界的に最も有名になった会社です。

・この料理バサミの切れ味は、フリオデュアやマイクロセレーション加工といった高度な技術に支えられています。

・大きく断面も丸みを帯びているハンドルは、持ったとき手になじみます。

・オールステンレス製なので、重量があり、持ったときに重さを感じます。

・開閉は、少しきつく設定されています。ただ、最初の動き出しのところを軽くすることで、スムーズな開閉を促しています。

・料理バサミは、慣れてくれば、多くの食材に使うことができて、包丁よりも便利なこともあるとわかってきます。
 また、この料理バサミは切れ味がいいので、使用頻度が増します。

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。
わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。
それでは、「刃の先端まで良く切れる ZWILLING(ツヴィリング)のツインセレクト料理バサミ」のレビューでした。

 

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

  ↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

調理器具・グッズ ブログランキングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkitchengoodsin4をフォローしよう!

Pocket

スポンサーリンク

SUGI

投稿者の記事一覧

美大卒の元家具設計者が、デザイン性に優れた、おしゃれなキッチングッズを紹介しています。実際使ってみた感想もレビューします。

関連記事

  1. ツヴィリング キッチンはさみ アイキャッチ ZWILLING J.A. HENCKELS(ツヴィリングJ.A…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP