柳宗理

持ちやすく、注ぎやすい柳宗理のケトル

柳宗理のケトルを紹介します。

やかん・ケトルは、お湯を沸かすキッチングッズです。

やかんは、元々、漢方薬を煮出すのに使用していたため、薬鑵(やっかん)と呼ばれていました。

英語のケトルとほぼ同意として使われているようです。

それでは、レビューしていきます。

考え抜かれたグリップ形状

お湯が沸いて、ケトルを待ち上げたとき、
お湯がこぼれたら大変ですよね。

家庭用のケトルですと、大抵2ℓくらい入るものが多く、ケトルの重さをあわせると、3kg以上になるものもあります。

熱湯が入った、3kgものケトルを持ち上げるのですから、そのグリップには、安定感が求められます。

その点、柳宗理のケトルは、安心して持ち上げられます。

グリップを横から見ると、中央にふくらみがあり、前後が少し凹んでいます。

柳宗理さんのケトル 取っ手部分の写真
そのため、握った際、中央のふくらみに人差し指から小指までが、自然に馴染みます。

そして、持ち上げますと、注ぎ口が少し上がる程度に傾きます。
人差し指と中指に、自然に力がかかっている感じです。

それは、グリップが、注ぎ口側に向かって、上方向に傾いているからです。

そのことで、持ち上げた瞬間に、熱湯が注ぎ口からこぼれにくくなります。

その後、小指のほうに徐々に力を移して行くことで、注ぎ口側へスムーズに傾いていき、
手首をそれほど曲げなくてもお湯を注ぐことができます。

さらに、グリップが、フェノール樹脂で覆われていて、沸騰後も熱が伝わりにくく、熱くありません。

大きい開口部

このケトルは、上部の開口が大きくあいています。

水が入れやすいのはもちろんこと、、内部をしっかり洗うこともできます。
私は、このケトルで、麦茶などを沸かすこともありますが、茶渋などが付くため、しっかり洗えて助かります。

注ぎやすい口

ケトルで麦茶をつくるときは、しばらく置いて、
冷ましてからサーバーなどに移すと思います。

ただ、カップラーメンにお湯を注いだり、急須にお湯を入れたりと熱湯の状態で注ぐことのほうが多いのではないでしょうか。

そんなとき、意図したところにお湯を注がなくてはいけませんが、このケトルですと、楽にできます。

ただ、「コーヒーのドリップもできる」と説明している文章をたまに見ますが、さすがに専用のものには敵いません。

私は、コーヒーを淹れるとき、このケトルでお湯を沸かして、お湯を専用のケトルに移してドリップします。

早く沸く形状

柳宗理のケトルは、底の面積が広く、安定的な形状をしています。

そのことで、コンロの火を受ける面積が広くなり、お湯が早く沸きます。

沸かす容量

早く沸くからといって、満水ぎりぎりの量を沸かすのは、よくありません。
沸いたとき吹きこぼれや注ぐ際もこぼれてしまいます。

7~8割程度がいいでしょう。

このケトルは、満水が25ℓなので、17ℓ~20ℓ程度。
17ℓが適正だと思いますが、普段は20ℓくらいで沸かしています。

残念なのは、サイズがひとつ

このケトル、沸かす適正量が17ℓと書きましたが、
家族が多い家庭では、もっと容量の多いものがほしいのではないでしょうか。

単身の女性の方でも、冬場に湯たんぽのお湯を沸かすときには、このサイズでは、少し小さいと思います。
湯たんぽは、保温性を考慮すると2~3ℓくらい入るものが良いと思います。

逆に、1~2人分のお湯を沸かすときには、
もう少し小さいサイズのほうが使いやすいでしょう。

柳宗理のケトルは、サイズがひとつしかなく残念です。

しまうときも場所をとりません

お湯が早く沸くように、一般的なケトルより平たい形状になっている柳宗理のケトルですが、他にも利点があります。

仕舞うときに場所をとりません。

グリップを畳めば高さ約14cmになります。
さらに蓋をひっくり返せば、約11.5cm。
片手鍋程度の高さになります。

ただ、外に出していてもサマになるので、あえてしまわなくてもいいのかもしれませんが。

蓋の穴にも気を使っています

ケトルの蓋にあいている穴には、主に二つの理由があります。

ひとつは、注いだときに穴から空気が入り注ぎ易くするため、もうひとつは、お湯が沸いたときに空気を逃がすためです。

そんな蓋の穴ですが、多くのケトルは、穴が蓋の上部についています。
そのため、沸騰した際、穴から湯気が上方に噴出し、グリップが熱くなってしまいます。

その点、柳宗理のケトルは、穴が蓋の側面に開いていて、沸騰しても湯気が横に出て、グリップを熱くしづらくしています。

ただ、沸騰するまで火にかけていれば多少は熱くなりますが、熱くしづらくするための配慮ではあります。

また、そのことで穴が目立たなく、見た目にすっきりしています。

15ヶ所も転々と

一目見ただけでは、想像が付かないと思いますが、
このケトル、機械任せにできるところが少なく、手間がかかります。

表面のつや消しやミラー加工も手研磨で仕上げています。

注ぎ口の溶接は、一番気を使う工程ですが、もちろん、手作業。

これらの研磨や溶接は、熟練工の手が必要です。
この作業は、製造メーカーである日本洋食器の周辺にある町工場が担っています。

完成までに、なんと15ヶ所の町工場を転々とします。

 

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

  ↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

調理器具・グッズ ブログランキングへ

関連記事

  1. 柳宗理ブランドマーク 柳宗理について
  2. 柳宗理さんのレードルのアイキャッチ画像 美しさには理由があった、柳宗理のレードル
  3. 安心の使いやすさ、柳宗理のトング
  4. 柳宗理 片手鍋 アイキャッチ 回転させて防止する 柳宗理の片手鍋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 臭いを気にしなくていい、ジョゼフジョゼフのガーリッククラッシャー ジョゼフジョゼフのガーリッククラッシャー
  2. 回転させて防止する 柳宗理の片手鍋 柳宗理 片手鍋 アイキャッチ
  3. OXO(オクソー)について OXOについてアイキャッチ画像
  4. 安心の使いやすさ、柳宗理のトング
  5. 一本で十分、ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーン ジョゼフジョゼフのマグネット付計量スプーン アイキャッチ
  6. おたま・レードルについて レードルアイキャッチ注ぐ
  7. 多機能ボール ジョゼフジョゼフのプレップ&サーブ ジョゼフジョゼフ プレップ&サーブ
  8. トングについて
  9. 画期的、上から見るだけ OXO(オクソー)のアングルドメジャーカップ オクソー アングルドメジャーカップ アイキャッチ
  10. ひとり分をお手軽に KINTOのティーストレーナー LOOP ティーストレーナLOOPアイキャッチ

カテゴリー

おすすめ記事

持ちやすく、注ぎやすい柳宗理のケトル

柳宗理のケトルを紹介します。やかん・ケトルは、お湯を沸かすキッチングッズです。やかんは、元々…

ティーストレーナLOOPアイキャッチ ひとり分をお手軽に KINTOのティーストレーナー LOOP

KINTOのティーストレーナー LOOPを紹介します。ティーストレーナーは、お茶を淹れるキッチン…

安心の使いやすさ、柳宗理のトング

柳宗理のトングを紹介します。トングは、食材を挟むキッチングッズです。 トングについての説明は…

ジョゼフジョゼフのガーリッククラッシャー 臭いを気にしなくていい、ジョゼフジョゼフのガーリッククラッシャー

ジョゼフジョゼフのガーリッククラッシャーを紹介します。ガーリッククラッシャーは、にんにくを押しつ…

柳宗理ブランドマーク 柳宗理について

柳宗理は、東京美術学校(現:東京藝術大学)を卒業後、 坂倉準三建築研究所を経て、 柳インダス…

PAGE TOP